瞑想の合宿から早いもので約一か月が経とうとしています。


振り返ると合宿以前と今とでは変わった部分があると思います。


【2500年前、インド発祥の瞑想法を体験してくる。】

【沈黙の10日間に損なし。ヴィッパサナーで人生が好転する。】


私が参加した10日間の瞑想合宿の中で、半分以上は「ヴィッパサナー瞑想」という瞑想法について学びました。

 

ヴィッパサナー瞑想とは、仏陀が約2500年前に菩提樹の下で修業を続けて悟りを開いた瞑想法です。

 

この瞑想法ですが仏陀が絡んでくるので、どうしても仏教色が出てしまいます。

 

そもそも瞑想なんて聞いただけで不信感を抱く人は少なくないと思います。

オ○ム真理教の影響はあると思いますが。 

 


では、瞑想の一体何が良いのでしょうか。

 


スティーブジョブズが日常的に瞑想をしていたのは有名な話。

 

主に海外の企業家や企業は瞑想を行うことが多いそうです。

 

日本の企業家の間でも少しずつ広がり始めています。

  

 

 

 

瞑想の基本は、仏陀が使用していたパーリ語で「サティ」です。

 

和訳すると「気づき」または「念」、英訳で「マインドフルネス」のこと。

 

「気づき」というのは、「今という瞬間に完全に注意を集中」して「何をしていても今・ここの自分に気づいていく」ことです。

 

 

実際の瞑想の内容は、海外で流行中のマインドフルネス瞑想、または日本の禅に近いと思います。

 

 

禅については何となくイメージできると思うので割愛します。

 

マインドフルネス瞑想について簡単に調べました。

認知行動療法という精神療法の一つで、
日本のメディアでも取り上げられています

 

何と「Google社員の間でも実践されている」とのこと。

 

また医療の現場においては病気の治療に使用されています。

 

このマインドフルネス瞑想ですが、私が体験したヴィッパサナー瞑想と酷似しています。

 

こちらは宗教色を排除している分、始めやすいかもしれません。

 

 

瞑想する頻度ですが、毎日継続的に行うことが大切だそうです。

 

 

ですが、わざわざ時間を割いてまで瞑想するなんて、時間の無駄だと思いますよね。

 

瞑想をする時間を作るくらいなら他のことができるのに、時間がもったいないと思いませんか?

 

 

実際の結果はその逆です。

効果については後程。



本来であれば毎日朝1時間、夜1時間は行うと良いです。

自分の場合は時間を短縮し、または朝だけ・夜だけといった感じでだいぶサボりながらも細々と継続しています。


効果は本来得られるものの半減以下かもしれませんが、細々と続けているだけの恩恵は得られています。

 



以下は私が合宿後も瞑想を日課にしたことで得た変化です。

 

 


① 生産性が上がる。

頭の中が冴えている状態で、集中力が高まります。

多くのアイディアが浮かぶようになります。

家事のスピードが上がります。

 

 

② 時間を有効に使える。

今という一瞬は二度と来ないということ。

常に移り変わっているものだと実感できます。

私たちは過去に生きることはできないし、未来を操作することもできないのです。

 

 

③ 嫌な感情を引きずらなくなる。

イライラしたり、落ち込んだりと嫌な気持ちになっても、平常心に戻す方法がわかっているので早期にリカバリーできます。

他人から感情的に嫌な言動をされた時に、以前の自分だったらしばらく落ち込んで引きずることがありましたが、早めに立ち直れるようになりました。

 

 

 自分を客観視できる。

今自分は嫌な気持ちになっているな、辛さを感じているな、これが欲しいと思っている、など次から次へと湧き上がる欲求や嫌悪感を、一歩引いた客観的な視点で観察することができるようになります。

自分の良い部分も悪い部分も全てを認める事ができます。

 

 

⑤ 平静でいられる。

物事にイライラしたり怒ったり、焦る、落ち込むなどのマイナスの感情が減ります。

最近実感したのですが、他人から感情的に人の悪口や陰口を話された時に、その感情に引っ張られずに穏やかでいられる自分に気が付きました。

 

 

 ストレスがたまりにくくなる。

常に平静でぶれにくくなるため、嫌な事がストレスとして蓄積されにくくなります。

 

 

⑦ 後悔しなくなる。

過去の出来事に振り回されなくなります。

あの時ああすれば良かった、あの時こうしていたらどうなっただろうかといった後悔の感情が減ります。

過去に自分が行った周囲の人を傷つけた冷酷な言動を認めることが出来るようになりました。

 

 

⑧ 執着しなくなる。

客観視することを常に意識するので、嫌な出来事があってもありのままの事実として受け止めることが出来るようになります。

相手から自分はどう思われているのだろうなどと人目も気にならなくなり、あの人は自分より上だとか下だとか、そのような思考も減ってきます。

死ぬ時はどれだけ苦しい思いをするのだろうかなど、将来を不安に思う事も少なくなります。

 

 

⑨ 食事を意識する。

暴飲暴食をしなくなります。食べる量が気持ち少なくなりました。

 

 

⑩ 姿勢が良くなる。

猫背が直ります。

 

 

⑪ 五感が研ぎ澄まされる。

感覚が鋭くなったように感じます。
景色がより鮮やかに見え、
音が鮮明に聴こえるようになります。
衣服が皮膚に触れる繊細な感覚が意識できるようになります。



 

このように様々な変化を実感することができました。

 

自分の中では周囲に振り回されにくくなったのが大きな変化です。

  
自分自身を客観視することで平静でいられることが多くなりました。






具体的な合宿内容や瞑想方法についても書く予定です。




リンク⇒【2500年前、インド発祥の瞑想法を体験してくる。】

リンク⇒【沈黙の10日間に損なし。ヴィッパサナーで人生が好転する。】